キイロスズメバチの被害は駆除で阻止|害虫や害獣を撃退しよう

巣の特徴と方法

スズメバチ

巣の特徴

キイロスズメバチはスズメバチの中でも最も小さいものですが、そのキイロスズメバチが作る巣は日本のハチの中でも最も大きいです。大きいもので直径100cmを超えることも珍しいことではありません。このキイロスズメバチの巣は非常に大きいことから見た目で容易にわかりますので、発見したときは注意が必要です。ただし、12月頃の発見であれば心配は不要です。それというのも、その巣の中が空であることが多いからです。キイロスズメバチの交尾は秋頃の10月頃から行われることが一般的で2ヶ月程度しか期間はありません。また、巣は再利用されることもありませんので、駆除の必要性はありませんが、外観が良くないのであれば巣を駆除しましょう。

方法

キイロスズメバチの分布状況を見てみると、本州、九州、四国と非常に幅広く生息しています。ただし、他の種類のハチとは異なって、分布は広いのですが、限定的な地域に集まることが多いです。つまり、密集することが多いのです。そのため、特に都市圏に多く見られます。家の軒下や天井裏がその典型的な場所です。そのため、都市圏に住んでいる人は駆除の必要性が大きいです。専門業者に依頼することがおすすめですが、自分で駆除することも可能です。準備として防護服や軍手を用意します。それから巣から距離を取りながら大きな動きをすることなく、竿の先端に取り付けた駆除剤を巣にかけると良いです。もちろん、駆除剤はノズルを押したまま貼り付けることです。これで操作することなく連続的に噴射することができます。

ハクビシンの駆除

ハチ

ハクビシンが家に棲みついたら追い出すことが大切ですが、警戒心が強いハクビシンはなかなか出てこない場合があります。このような時でもハクビシン駆除のプロに依頼すると簡単にハクビシンを退治することができます。

もっと知ろう

ハクビシンの駆除に関して

シロアリ

ハクビシンは細菌を多く保有しているため、家に棲みつき始めたら早めに退治する必要があります。ハクビシン駆除業者は年々増えていますが、良くない業者もあるので業者を見極めて依頼しましょう。

もっと知ろう

害獣のもたらす被害を防ぐ

アリ

最近は街中での害獣被害がふえていますが、多いのがハクビシンです。天井裏などに棲み着いて糞尿の被害をもたらすため、専門業者にハクビシン駆除を依頼する必要があります。ハクビシンの特徴は夜行性なので、夜になるとエサを求めて動き出します。侵入経路を断つことが大事です。

もっと知ろう